9.23 THUシャローネシンガーズ
~オペラ歌手が歌い継ぐ日本の名曲

今回の高崎音楽祭がデビューとなる若手オペラ歌手22人の男女混声スペシャルユニット。テレビのクラシック番組で活躍するピアニストの水野彰子がプロデューサーを務め、東京藝術大学出身者を中心に編成されています。今回ゲストには日本のオペラ界、そしてフォレスタメンバーとしても大活躍のバリトン今井俊輔さんをお迎えします。 今後のオペラ界を担う歌手たちの迫力のサウンド、ハーモニー、言葉の美しさをぜひご堪能ください。

日時 2021年9月23日(木・祝) 15:00開演(14:00開場)
会場 高崎芸術劇場 大劇場
出演 今井俊輔(バリトン、ゲスト出演)、福永一博(指揮)、水野彰子(ピアノ)、シャローネシンガーズ

[シャローネシンガーズメンバー]
ソプラノ:小玉友里花、佐々木美歌、高橋香緒里、髙橋美咲、髙橋侑、中嶋彩香、吉澤淳
アルト:上久保沙耶、実川裕紀、花房英里子、吉田安梨沙、吉成文乃
テノール:大平倍大、鈴木秀和、西山広大、沼田臣矢、山中志月
バス:市川宥一郎、片倉旭、河野陽介、田村洋貴、松井永太郎 (五十音順)
曲目 1ステージ〈季節で巡る日本の四季〉
・春の小川
・夏は来ぬ
・赤とんぼ
・里の秋
・雪

2ステージ〈歌で世界を巡る旅〉
・ハレルヤコーラス
・アヴェ ヴェルム コルプス
・オペラ《椿姫》より「乾杯」
・『第九交響曲』より「歓喜の歌」

3ステージ〈伝えたい日本の名曲・高崎市ゆかりの名曲〉
・あの素晴らしい愛をもう一度
・時の流れに身を任せ
・HOME
・山田かまち「生きる」(加藤登紀子作曲)
・津軽海峡冬景色

4ステージ〈歌い継ぎたい昭和の名曲〉
・見上げてごらん夜の星を
・異国の丘
・昴
・お祭りマンボ
・川の流れのように
ほか
*曲目は変更になる場合があります。
チケット 3,000円(全席指定)

一般発売 2021年7月15日(木) 10:00~
*高崎芸術劇場チケットセンターでの電話受付(☎321-3900)は7月16日(金) 10:00~、
 同センターと市文化施設の窓口は7月17日(土) 10:00~
プレイガイド
お問合せ 高崎音楽祭事務局 TEL: 027-322-9195
詳細は後日発表致します。

今井俊輔(バリトン)

群馬県出身。東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修了。その後渡伊。松田トシ賞、アカンサス賞、同声会賞受賞。皇居内の桃華楽堂にて御前演奏会に参加。2013年ライプツィヒとの提携公演『マクベス』マクベス役でオペラデビュー。その後『トスカ』『外套』『ジャンニ・スキッキ』『アイーダ』と全て主役、主要役で出演し続ける。『 BS日本・こころの歌』のフォレスタとして2003年より活躍。東京二期会会員。

福永一博(指揮)

東京藝術大学大学院修士課程修了。harmonia ensemble主宰。東日本大震災復興支援「心に花を咲かせよう」プロジェクト代表。TBS金曜ドラマ「表参道高校合唱部!」合唱指導・監修。JCDA日本合唱指揮者協会理事。桐朋学園大学・桐朋学園芸術短期大学各非常勤講師。

水野彰子(ピアノ)

東京藝術大学卒業、同大学院修士課程室内楽研究分野首席修了。大学院アカンサス音楽賞受賞。新国立劇場音楽スタッフ、藤原歌劇団団員、日本オペラ振興会会員。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、BS-TBS「日本名曲アルバム」出演。SHALONE株式会社代表。

小玉友里花(シャローネシンガーズ ソプラノ)

東京藝術大学声楽科を首席卒業、同大学院修士課程修了。現在は同大学院博士課程の独唱科に在籍し、独・英の歌曲作品を中心に研鑽を積んでいる。

佐々木美歌 (シャローネシンガーズ ソプラノ)

東京藝術大学卒業、同大学院修士課程および博士後期課程修了。学部卒業時にアカンサス賞並びに同声会賞、博士課程在学時に三菱地所賞、長野羊奈子賞、毛利準賞を受賞。

高橋香緒里 (シャローネシンガーズ ソプラノ)

北鎌倉女子学園高等学校音楽科、東京藝術大学音楽学部声楽科を卒業。藤原歌劇団準団員、日本オペラ協会準会員。女性ボーカルグループLuminousメンバー。

髙橋美咲 (シャローネシンガーズ ソプラノ)

東京藝術大学卒業、同大学院オペラ専攻修了。ヴァチカン国際音楽祭2018ソリスト。オルフ「カルミナ・ブラーナ」で、元日本代表の畠山愛理(振付 安藤美姫)らと共演。

髙橋侑 (シャローネシンガーズ ソプラノ)

茨城県立水戸第三高等学校音楽科、東京藝術大学卒業。同大学院修士課程修了。在学中にアメリカ人作曲家を研究し学位を取得。現在、水戸三高音楽科講師。

中嶋彩香 (シャローネシンガーズ ソプラノ)

東京藝術大学声楽科卒業。卒業時にアカンサス音楽賞及び同声会賞を受賞。同大学院音楽研究科オペラ専攻(修士課程)修了。日本声楽アカデミー会員。

吉澤淳 (シャローネシンガーズ ソプラノ)

東京藝術大学大学院修士課程を修了後、アントンブルックナー音楽大学大学院を最優秀の成績で修了。4年間のオーストリアでの研鑽を経て、2020年より日本を拠点に活動。

上久保沙耶 (シャローネシンガーズ アルト)

東京藝術大学声楽科、同大学院オペラ専攻卒業。学部卒業時、同声会賞とアカンサス音楽賞を受賞。これまで宗教曲のソリストやモーツァルトの主要なオペラに出演。

実川裕紀 (シャローネシンガーズ アルト)

国立音楽大学卒業。二期会オペラ研修所マスタークラス修了。日本アンサンブルコンクール重唱部門優秀演奏者賞・全音楽譜出版社賞。日仏声楽コンクール入選。二期会会員。

花房英里子 (シャローネシンガーズ アルト)

京都市立芸術大学首席卒業、東京藝術大学大学院修了。第21回松方ホール音楽賞奨励賞。二期会『蝶々夫人』、新国立劇場『魔笛』、『第九』アルトソリスト等多数出演。

吉田安梨沙 (シャローネシンガーズ アルト)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。横浜市長賞受賞。ウィーン市主催演奏会、BS-TBS『日本名曲アルバム』、劇団四季『ノートルダムの鐘』等に出演。

吉成文乃 (シャローネシンガーズ アルト)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、並びに東京藝術大学大学院音楽研究科(修士課程)独唱科修了。A. シェーンベルクの歌曲研究で修士号取得。2018年度、福島育英会奨学生。

大平倍大 (シャローネシンガーズ テノール)

東京藝術大学声楽科首席卒業。同大学院首席修了。現在、同大学院博士後期課程在籍。東京藝術大学宗次德二特待奨学生。 第42回鹿児島市春の新人賞受賞。

鈴木秀和 (シャローネシンガーズ テノール)

東京藝術大学声楽科卒業。オペラや宗教曲のソリスト、TV収録などで活躍。東京オペラシンガーズ、エクス・ノーヴォ室内合唱団、杜の音シンガーズメンバー。

西山広大 (シャローネシンガーズ テノール)

昭和音楽大学音楽学部声楽コース卒業。同大学院音楽研究科修士課程音楽芸術表現専攻声楽(オペラ)修了。これまでに亀井陽二、的場辰朗、五十嵐麻利江各氏に師事。

沼田臣矢 (シャローネシンガーズ テノール)

東京芸術⼤学⼤学院古楽科修了。宗教音楽のソリストを多く務める。アンサンブリストとしてバッハ・コレギウムジャパン、ハルモニア・アンサンブル等に出演。

山中志月 (シャローネシンガーズ テノール)

東京芸術大学卒業、二期会オペラ研修所マスタークラス修了。セイジ・オザワ松本フェスティバル等のオペラ出演、またEX NOVO等で古楽分野の演奏も多数。二期会会員。

市川宥一郎 (シャローネシンガーズ バス)

昭和音楽大学大学院修了。第1回かわさき新人声楽コンクール第3位。三浦克次、的場辰朗の両氏に師事。藤原歌劇団団員。昭和音楽大学重唱研究員。

片倉旭 (シャローネシンガーズ バス)

東京藝術大学大学院修了。「第九」ソリスト、オペラ「愛の妙薬」ベルコーレ役など出演多数。毎週月曜22時よりstand.fmにて「その&かた定例会」に出演中。

河野陽介 (シャローネシンガーズ バス)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒。NHK教育「ムジカ・ピッコリーノ」出演・歌唱指導。劇団四季「ノートルダムの鐘」、BS-TBS「日本名曲アルバム」出演。

田村洋貴 (シャローネシンガーズ バス)

昭和音楽大学大学院を首席で修了。オペラではコミカルな役柄を得意としている。新国立劇場合唱団、藤原歌劇団準団員、日本オペラ協会正会員。

松井永太郎 (シャローネシンガーズ バス)

東京芸術大学声楽科卒業。第30回市川市新人コンクールにて最優秀賞受賞。ZOZOマリンスタジアムにて国歌独唱。二期会会員。フェリス女学院大学非常勤副手。