9.25 SAT押尾コータロー×DEPAPEPE
アコースティックギターの祭典

ギターファンなら聴き逃すことのできないアコースティックギタリスト2組がスタジオシアターに登場。たぐいまれなるテクニックと彼らが生み出す一夜限りのハーモニーをお聴き逃しなく。

日時 2021年9月25日(土) 18:00開演(17:15開場)
会場 高崎芸術劇場 スタジオシアター
出演 押尾コータロー、DEPAPEPE
チケット 5,000円(全席指定)

一般発売 2021年7月15日(木) 10:00~
*高崎芸術劇場チケットセンターでの電話受付(☎321-3900)は7月16日(金) 10:00~、
 同センターと市文化施設の窓口は7月17日(土) 10:00~
プレイガイド
お問合せ 高崎音楽祭事務局 TEL: 027-322-9195

押尾コータロー

2002年アコースティックギタリストとしてメジャーデビューし、同年10月には全米メジャーデビュー。毎年7月に開催されているスイスの「モントルージャズフェスティバル」へは2002年から3年連続出演。近年ではアジア各地でソロライブを開催するなど海外での評価も高い。オープンチューニングやタッピング奏法などのテクニックを駆使した、1本のギターで弾いているとは思えない迫力あるギターアレンジとあたたかく繊細なギタープレイは、世代を超えて多くの人々に支持を受けている。ソロアーティストとしてライブ活動を中心に、映画音楽・CM・番組テーマの作曲、音楽番組やレコーディングでのジャンルを越えたコラボレーションなど、幅広いスタンスで活躍中。
2020年9月にアルバム「PASSENGER」をリリース。

DEPAPEPE

2002年11月徳岡慶也と三浦拓也で結成された、2人組ギターインストゥルメンタルユニット。
アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーと柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。2005年アルバム「Let's Go!!!」でメジャーデビュー。インストの音楽CDとしては異例の15万枚販売数を突破する。
インストゥルメンタルのアーティストのデビュー作品としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10内7位にランクイン 。
第20回日本ゴールドディスク大賞にて、 ニューアーティスト・オブザイヤーとインストゥルメンタル・アルバムオブ ザイヤーの二冠に輝く。日本国内だけにとどまらず、海外でも人気が高い。
2008 年からタイをはじめ、韓国、インドネシア、台湾、シンガポール 等でCDをリリースをすると共に、 アジア圏でも毎年ライブを行なっている。
タイでワンマンライブも開催し3000人もの動員、 翌2014年のインドネシアでのFESではDEPAPEPEだけで10,000人以上もの観客を動員。
2020年にはメジャーデビュー15周年を迎え「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、さらに世代、国境も越えて勢力的に活動中!!
オフィシャルサイト:http://rainbow-e.co.jp/depapepe/